私がしていること

2022年5月28日 (土)

帯状疱疹予防ワクチン接種

帯状疱疹予防ワクチンを接種してきました。


夫が20代の頃、帯状疱疹になり、症状も後遺症もとても大変だった記憶があるので
帯状疱疹の予防ワクチンがあることを知ってから、
早めに接種しなければと思っていたのですが、コロナがあり遅れてしまっていました。

私が接種したのは2種類ある帯状疱疹予防ワクチンの内の乾燥弱毒性ワクチンで、
自費で6,600でした。50歳以上が接種できます。

医師の話では帯状疱疹になっても症状を抑えることができ、
10年に1回くらい接種すると効果があるそうです。

少し安心しました。

 

インフルエンザの予防接種も毎年打っています。

お客様と直接会って仕事をしている以上、急な発症はできるだけ避けたいですし
健康を維持したいので、できることはできるだけする、という気持ちです。

2022年4月 1日 (金)

雛人形と兜飾り

我が家の雛人形は節分が過ぎると登場します。
男雛と女雛の2体だけのシンプルなもので元々あったガラスケースに
次女が2歳くらいの時座ってしまい見事に割れてしまったので、
よりシンプルでどこでも飾りやすいものになりました。

お雛様は3月3日が過ぎると直ぐにしまうというお家が多いと思いますが
私は3月末までは飾っていて
4月になり兜飾りを出すタイミングでしまうようにしています。
孫の中で唯一の男性である長男は義父から立派な兜飾りを買ってもらいましたが
飾るスペースを考えメインだけを飾っています。

雛人形も兜飾りもせっかくあるのだから長く楽しみたいというスタンス。
クリスマスの装飾もお正月飾りと交代する形でしまうゆる〜いスタイルです。

17d0d6a9b4a24f9ab2caf1e377e98a34

2021年10月17日 (日)

八方だし

既製品で「八方だし」が登場したときは驚きました。
30年近く自家製麺つゆ「八方だし」を作り続けていますが、
分量は季節によって変えています。

Fb97344660fa4c6d9d72d9e2885a3a43

鰹節と干し椎茸、昆布、醤油、みりん、時々日本酒。

これらの材料をひと煮立ちさせた後一晩おき、調味料が入っていた容器に移し替えます。
雑菌を入れないため、使い切った容器にそのまま入れるのがお勧めです。

お水を入れていないので常温で3ヶ月は大丈夫と聞いていますが、
我が家では冷蔵庫保存して、麺つゆとして使うだけでなく、納豆だれ、煮物、炒飯など大活躍。

残った鰹節、干し椎茸、昆布はフードプロセッサーで細かくして、
フライパンで炒り、ごまを加えてふりかけにします。
今流行りのサスティナブルですね。
炊き立てご飯にふりかけを混ぜて握ったおにぎりは絶品です。

2021年10月 5日 (火)

棒寒天

実家整理で見つけた棒寒天で水羊羹を作ってみました。

Dcf7b8ad130b42a0bf1be3a880bb1997 54706e5666754938b820df053154d459

Df3d571b8af54de2be1e80e27346ba48 B7f97c1c7f874023a678b1e89ff41a5d

賞味期限は遥か昔なのですが、乾物だし家族しか食べないし、まっいいかと言うことで。

自分で作る水羊羹は甘味の調節ができていいですね。
もちろん小豆は圧力鍋で煮ます。


ついでにコーヒー寒天も作ってみました。
何しろ母が買った寒天がたくさんあったので。

611b57f644814a42a0b5d41065f57090 4832116116d74a9f809a71e6207374b2

たっぷりのホイップクリームがポイントです。喫茶店気分!

2021年9月30日 (木)

マスク生活

緊急事態宣言が解除されますね。

お片づけコーチングやお料理コーチングは昨年6月から再開していますが
自宅でのお料理教室は残念ながら休止中。
親しい生徒さんたちにお会いできない寂しい日々が続いています。

できる限りの感染対策、ワクチンも家族全員接種済みですが、
お食事を伴うお料理教室はまだもう少し様子を見なければならないようですね。

 

マスク生活は今後も続きそうなので、気分が明るくなるマスクを買ってみました。
A7197233c6c14d2e888fa570da71b446

ポケット付きなので不織布マスクを差し込んで使っています。
今まで手作りマスクの上に不織布マスクをする二重マスク生活だったので
耳にかけるゴムがひとつになってスッキリしました。

可愛らしいのに派手すぎないリバティー柄は幾つになっても気分が上がるアイテムです。
自分のマスク姿を目にするわけではありませんが、
不織布マスクの質感や見た目が好きではないので、色んなストレスが一気に解決した感じ。
当分はこれで乗り切ろうと思います。

2021年1月15日 (金)

パン焼き機の定位置

昼ごはんにパン焼き機でパンを焼いたりします。

焼きたてのパンは美味しいし、家中いい香りです。

ただ絶賛リモート中の我が家、自宅で仕事をしている人が4名、勉強している人が1名います。
あちこちで「これから通話するから」「10時から会議」「教授面談」など
大きな音は立てられない状況です。

パン焼き機は割と大きな音が出るので、最近は洗面所に持ち込んで焼いています。
(機械に混ぜて焼いてもらっているのですが)

普段はキッチンのレンジラックに収まっていますが

805fb71f9dae406cb6253a28fa168ec1

移動しやすいのでプラカゴに入れています。色はキッチンラックの色に合わせ茶色のカゴです。

47a0057f050f4dec88a4fc24f7af9574

パンはこんな感じ、黒いのはレーズンではなく黒豆です。

夫は豆類が大好きなので両親はいつも黒豆の甘納豆を買っておいてくれ、行く度にもらってきます。
208f60f1fd434d40aac72ded17981930

これを贅沢に入れ、水分として生クリームを50g入れた食パンはやめられない美味しさですよ!

2021年1月14日 (木)

キッチンハーブ

TVで食べ終わった野菜の根から新しい葉を育てている方が紹介されていて
面白そうだったのでやってみました。
96808375663a4c87be662ae2348e6ac4

大きく見えるかもしれませんが、敷いてあるのはコースターで器はおちょこです。

三つ葉の根、スポンジの部分を水につけ5日目くらい。
食べるほどになるのは時間がかかりそうですが、日々の成長を見ているのは楽しい。
三つ葉は最初から三つ葉なんだな〜と。

今まで豆苗と大根くらいは何度かやったことがありましたが、キャベツや白菜でもOKだとか。
キッチンにちょっとしたグリーンがあるのは楽しいので、他の野菜でもトライしてみたいです。

2021年1月13日 (水)

紅茶豚の後始末

紅茶豚というものをよく作ります。

500gくらいの豚の塊肉、肩ロースでももも肉でも良いのですが
これを煮出した紅茶で20分くらい煮て
鍋帽子で保温してから漬け汁に一晩漬けます。

Bb7e3d723d514df3b5f2da52fb940d0d

漬け汁は醤油とみりんと黒酢。
今年のお節は実家と娘のお友だちの分もあったので3本一度に、紅茶ではなく麦茶で茹でてみました。
豚肉は美味しくいただきました。冷蔵庫保存で5日くらいは大丈夫ですが美味しくてすぐになくなります。

食べ終わった後の漬け汁は大根おろしをたっぷりすって、お鍋のタレに使ったり
マヨネーズと合わせてドレッシングにしたり大根と鶏肉と一緒に炊いたりします。
どれも美味しい!それでも余ったら炊き込みご飯に。
お肉の旨味たっぷりの炊き込みご飯もすぐに売り切れます。餅米でおこわにしてもいいですね。

豚肉を茹でた紅茶はこれも美味しいスープなので、豆乳鍋にしたりカレーにしたりします。

2021年1月11日 (月)

始末の料理

お節料理で作った海老の旨煮の煮汁、どうしましたか?
お重に入れるときは充分汁気を切るので、
煮汁がどうしても余りますよね。
7a6a314fd74b4a1bad0078432db7a4cd

海老の旨味がたっぷり入った煮汁なので、捨てるのは忍びないです。

そこで我が家では三が日が明けたころ冷凍庫からムール貝と海老を取り出してパエリアを作ります。
ブイヨンは使わずに海老の旨煮の煮汁を利用して。

お節に飽き始めた頃に丁度良いですよ。

もちろんお節料理なので味付けはお醤油やみりんを使った和風ですが
お米に吸わせてしまうと全く気になりません。

ムール貝は冷凍保存で長持ちするので、冷凍庫に常備しています。
海老やいんげんも冷凍庫の常連です。

海老の煮汁はタッパーなどに保存すると容器に付いた油分を取るのに手がかかるので
保存はピクルスが入っていた巨大な瓶です。
煮汁が全部入る大きさで、ガラス製品は油分が落としやすく
冷蔵庫の中でもそれ程邪魔にならなくて重宝しています。

Efbfb2862b6644fa9be1346678a03936

パエリアに使う赤と黄色のパプリカはそれぞれ半分ずつ余るので
ついでにケークサクレも作ってみました。
飾りにんじんで余ったにんじんのキャロットケーキとなぜか松風焼きも。

この3本を一気に焼きます!
37ccc9a82e154adf9d9021dc1aa8eed7

これだけ作っておくと引きこもれますよ。

2021年1月 8日 (金)

後始末のスープ

クリスマスやお正月は野菜の型抜きをする機会が多くあります。
にんじんで星を作ったり、かぶを花形に抜いてお雑煮に入れたり。
型を抜いた後の外側はどうしていますか?

私はキャロットケーキを作ったり、ミートローフやポタージュにするので
すぐ作る時間がある時はタッパーに入れ冷蔵庫で保管、
無理そうな時はジップロックに入れて冷凍しておきます。

野菜の皮もよく洗ってから剥いて冷凍しておきます。
皮はあっという間に貯まり、すぐにポタージュ量になります。
昨晩はかぶのポタージュスープを作りました。

蓮根や大根の皮も粗微塵にしてハンバーグに入れると
食感や野菜から出る出汁が楽しめますよ。

これもエコ。自己満足ですが。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31