日記・コラム・つぶやき

2020年3月22日 (日)

チューリップ

春になりベランダのチューリップが咲き始めました。

2e55d9f8628b402e8e02cdc7fe4a8170 396f6da5f005424584a561dc0beb2ec5

年齢のせいか散歩していても植物が気になるようになり、
2ヶ月ほど前、散歩途中に球根を求めて色々な種類を植えてみました。

もうすぐたくさん咲き出すでしょう。楽しみです!

お花屋さんから届く花もチューリップが混ざりうれしくなります。

8b32b84290bc47a8826056840ba4a6f3 A5da8eb5bae14d3cbeebca6032fb1ef9

今困っているのがベランダの植木鉢に咲いたよくわからない花たちです。
たぶん雑草の類いだと思うのですが、小さな花が中々可憐で取り去る気になれません。

実家で見つけたハーブの種を適当に撒いた記憶もあるので、もしかしたら名前も知らないハーブかも。

植物の種類を調べるアプリをダウンロードして調べれば良いのですが、なんとなくそのままにしています。

2020年3月13日 (金)

無鉄砲の思い出

昨日大事なセーターに穴が開いていることに気がつきました。

学生時代、友人と2人で行った上海で買った、35年モノのカシミヤのセーターです。
毎年大事に着ていましたが、あまりの着心地の良さにここ数年は長女のモノになっていました。
カケハギに出そうかと考えているとセーターを買った時の状況や値段、旅行のことなど
数珠つなぎに次々と思い出し、我ながらおかしくなってしまいました。
出勤準備をしている長女に話すと驚かれたり呆れられたり‥。

私が友人と中国に旅行したのは就職前の春休みです。
当時神戸から上海まで船が出ていて、時間がある今だから行ってみようということになりました。
ゼミの卒業旅行が箱根だったので、箱根から熱海に出て新幹線で神戸へ。
箱根から熱海までは友人の彼が車で送ってくれ、3人で鰻を食べたような記憶があります。
彼のご両親のご実家が熱海で、おいしい鰻屋さんを知っているからと。
神戸に着くと今度はせっかく神戸に来たのだからと2人で神戸牛を食べに。
若くていくらでも食べられる時期だったのでしょうね。

神戸から船に乗って上海に行くのですが、ツアーではなく全くの個人旅行です。
友人の友だちが上海の復旦大学に留学していたので、上海では学生寮に泊めてもらえるけど、その他はノープラン。
当たり前ですが携帯もなく中国と日本では電話も通じにくい時代です。
手がかりは「地球の歩き方」くらいしかなかったのに、よく両親は中国行きを許可したと思います。

今から考えると上海では私がインフルエンザのような症状になり(病院には行かず自力で治す!)
治るまで友人には1人で出かけてもらったり
その後の蘇州旅行では行き当たりばったり、その日の宿泊先を自分たちで探し直談判で決めました。
手がかりは「地球の歩き方」のみ。とても無鉄砲で、自分の子供たちには決してさせたくない旅行です。
ただ当時は中国の方が使用している紙幣とは違う、外幣と言う外国人専用の価値が高い通貨がありましたし
短期留学の時にもらっった「北京大学」のバッチや学生証が力を発揮してくれ
拙い中国語でもどうにか宿泊交渉をすることができました。

セーターを買ったのは上海の外灘のホテルです。たぶんバンドを聴くために入ったのだと思います。
上海と言えばバーのジャズバンドが有名で、当時日本でもジャズが流行っていました。

一目惚れしたセーターは日本円で1万円くらい。当時としては高級品で、ホテルのガラスケースに飾られていました。
タグを見るとカシミヤ100%と書いてあります。

147b68e8ab1748fbbebd09ed06dc44ac

35年経っても肌触りよく、風合いはそのまま
これこそ一生モノと言えるのかもしれませんね。

SnowLotusというブランドが今もあればまた買いたいです。

病気はしたものの特に危険な目にも合わず、帰りもまた客船で上海から神戸に、そして東京戻ってきました。
中国にいる間一度も家に電話することなくです。
そう言えば友人は中国で美容院にも行っていました!
座ったままの姿勢で髪にシャンプーをつけ泡泡にするのが中国式のようでした。

長女は「ママの言うことはメルヘンすぎてよくわからない」と言っていますが全て事実、遠い昔のお話です。

 

2020年3月12日 (木)

3.11

昨日は3月11日でしたね。

9年経ちました。
2011年の3月11日、何をしていましたか。

私は東京目白駅近くのマンションで仕事中でした。
終了間近で後片付けに入った頃、いきなりグラッと。
最初、めまいかと思いましたが直ぐに地震だと気がつきました。

まず調味料が瓶ごとが飛んできて、リビングに立て掛けられていた鏡が倒れて破れ、
あまりの揺れにここで死ぬんだと思いましたが暫くすると揺れが収まり
窓から山手線が止まっているのが見えました。
私が居たのは細長いペンシルビルのような高層マンションだったので尋常ではない揺れだったようです。

春休みで自宅に居た長女は無事で
「揺れたからウサギと一緒に机の下に入ったけど大したことなくてお皿1枚も割れてない」とのこと。
当時使っていた携帯はPHSだったので幸いにもずっと連絡が取れました。
次女の学校に電話し、迎えに行けない私の代わりにお友だちのお母様が車で行ってくださることになりました。
次女は体育館で運動中で、地震にはほとんど気がつかなかったそうです。

目白から夫と待ち合わせた場所に向かう中でナースサンダルを履き手にパンプスを持った女性をたくさん見かけました。

中野駅に着けば中央線に乗れたり、バスが動いていたりするのかと思いましたが、
駅はシャッターが下り構内に入れない状態で、バスは動いてはいましたが長蛇の列で乗れそうもありません。
神田から歩いてきた夫と2人で自宅まで歩くことにしました。
11時過ぎに家に帰ると長女と次女が待っていて、地震の影響は宮城県、福島県など
東北地方がずっとひどいことを知りました。

その後余震が続き、トイレットペーパーが手に入らなかったり、
準備していた次女の卒業式が縮小でギリギリ式だけしていただいたりがありましたが、
東京にいた私たちは段々元の生活に戻って行きました。

今でも「何年前か」の話をする時「地震の次の年だっから2012年」というふうに2011年を基準に考えます。
9年経って東北の復興がこれ程進まないとは予想していませんでした。

2020年3月10日 (火)

着付けのお仕事

お料理の生徒さんから、入学式に着物で出席したいので着付けをお願いしたい、とご依頼がありました。
お子さんの卒園式、縮小で保護者は1名のみ出席になってしまったそうです。

4月の入学式までに事態が収束してくれると良いのですが
お互い体調に気をつけて入学式があることを祈りましょう!とお引き受けしました。

お片づけとお料理の他に着付けもするの?と思われるかもしれませんが、着付けのお仕事もしています。

着付けを習い始めたのは30年前です。
職場の近くに着付け教室があったこともありますが、結婚当初夫の帰宅が遅く
家に帰ってもすることがないので、この機会に子どもが生まれても自宅でできる資格を身につけようと考えました。
その頃、夫の帰宅は本当に遅く終電に間に合えばよい方で、タクシーということも度々。
疲れきって帰ってきても翌朝早くに出社するという生活。丁度バブルの頃です。
仕事の後、着付け教室に行き買い物をして夕食の用意をしても時間が余っていました。

途中長女を妊娠し、出産後もしばらくお休みしていましたから、看板を取るまでは4年くらいかかったように思います。
自分で着られるようになるのが最初の目的でしたが、人に着せる、子どもに着せる、七五三、袴着、花嫁衣装
創作帯結びと長い道のりがあり大変でも楽しいお稽古期間でした。
自分が手先を動かすことが好きなことに改めて気がつきました。

元々母の実家は養蚕農家です。長い廊下の端に大きな機織機がありました。
祖母が育てた蚕から取った絹糸を紡いで反物にして染め物屋さんに出し、着物に仕立ててくれた小紋を持っています。
小さい頃から着物に愛着があり、着物に関するお仕事ができたら良いな〜と考えていたので
今、着付けのお仕事ができるのはとてもうれしいことです。

晴れの日に着る着物は健康で平和でないと着ることは難しいですね。
早くこの事態が収束して晴れ着で式典に出席できるようになることを願わずにはいられません。

2020年3月 8日 (日)

オタクケーキ?

次女がお誕生日に「オタクっぽいケーキを食べてみたい」と言うので
ケーキ屋さんにお願いしました。

オタクっぽいというのはオタクの人が推しの誕生日に用意するケーキだそうで
ファンが集まってお祝いするのだそうです。

昨年元号が変わるタイミングで、長女が友人たちと平成サヨナラパーティーを企画しました。
メインは「サヨナラ平成!」とデコレーションした派手なケーキを食べること。
ケーキはとても評判が良かったので今回も同じケーキ屋さんにお願いしてみました。

出来上がったケーキがこれです!

B9c332b8e40949c387d01e30181ec70a

イメージ画像を見せ、色は次女の好きな黄緑を入れてもらいました。
次女も満足したようです。

フルーツアレルギーの家族がいるのでスポンジにフルーツは挟まず
生クリームとマジパンのデコレーション。

誕生日ケーキを注文したとき雛祭り用のケーキも買ったのですが、これもとっても可愛かったので。

67380836cc754f51b0d51d8cc63370b8

今はどこも人出が少ないですね。
雛祭りのケーキがいっぱいのケーキ屋さんも私が行ったときお客さんは誰もいなくて。
でも一人はいるとつられて入ってくるから不思議です。

苺も牛乳もお花も行き先が決まらず困っているそうですね。
我が家は牛乳がないと生きていけない家なので、いつも5〜6本のストックがあります。
飲み物といえば牛乳の次女、ミルクティー好きの長女、コーヒーには牛乳の夫と私。
プリンには毎回800ccの牛乳を使いますし、パンナコッタも、クリームシチューも大好き。

昨年の台風の後には牛乳が手に入らず本当に困りました。
今こそ日頃お世話になっている酪農家さんたちの力にならなくては。

とりあえず今晩ははクリームコロッケとチーズたっぷりホワイトシチューにしたいと思います。

2020年3月 3日 (火)

三春駒

雛祭りですね〜

Dfb000680c1849bc8b6749210a13a8b2

こちらは福島県三春の張子でできたお雛様です。

長女を出産する前まで勤めていた事務所の上司がご夫婦とも三春の出身でした。
私の結婚が決まったとき、もう1人のスタッフとともにご自宅に招待してくれ、
とても楽しい時間を過ごしました。
その時買っていただいたものです。

三春は滝桜で有名な桜の名所。日本三大桜とも言われています。
訪れたのは丁度4月で、少し寒い中でのお花見、つくしを取ってお料理したり。
今でも三春は第2の故郷のような気がします。
福島物産展などがあるとついつい「かんのやゆべし」を買ってしまいます。
上司の奥様が、帰郷するたびにいつも買ってきてくれた懐かしい味、大好きです。

雛祭りというともう一つ。

69f409a7fc20448da53f981d9831aa14

菊迺舎の富貴寄です。あまりに可愛らしくて食べられません。

5d384db538cd42f4b798ec83b844e243 25927697a85b4b139eae13e52c5debdc

パッケージも春らしくて可愛いですよね!

雛祭りの今日は子どもたちの好きな五目寿しや茶碗蒸しを作ります。
毎年苺のショートケーキも作りますが、今年はケーキ屋さんで買ってこようかな。
少しでも経済を回すことに繋がれば良いのですが。

無料ブログはココログ
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31