« 2023年9月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月

2024年5月31日 (金)

自立してない

愚痴です。

経済的には自立していても生活面で自立していない娘がいます。
先日、その娘が「お花が届くから」と一言。
「何のお花?」と聞くと「芍薬が好きすぎて買ってしまった」「明日届くから」
何時に届くのかと聞くと「わからない」そう。

そして届いたのがこれです。

Img_3541Img_3537

娘は「きれい!欲しい!」と思ったらポチッとして終了です。
届いた花の枝葉を取って、花瓶にいけるまで手間がかかることを認識していないし
それを自分でするとは思ってもいません。

芍薬2束の枝葉がこちら。

Img_3538

私も芍薬は大好きです。最も好きな花と言ってもいいくらい。
でも買った花は綺麗にカットして花瓶に入れ日々水を替えてあげなくてはなりません。
その辺を全く考えていない娘です。

Img_3543 Img_3540

花には罪はありませんが。

Img_3544

2024年5月30日 (木)

レバーパテ

お店のレバーパテは冷蔵庫に保存されているので個体ですが
作りたての、冷蔵庫に入れる前のレバーパテはフワフワで、
硬いパテとはまた違ったおいしさがあります。

スーパーで売っているレバーは300gでパックされていることが多いので
この3倍量を一度に作りますが、1週間かからずになくなってしまう
家族の好きな料理です。

材料は鶏レバー100g、牛乳、塩、バター、ブランデー、バジル、粒胡椒。

鶏レバーはよく洗い心臓部分と切り離します。スライスして血の塊をかき出し丁寧に洗います。
よく洗ったレバーをバットに入れて塩をふり、牛乳をひたひたに入れます。
冷蔵庫で30分~1時間冷やし、フライパンで両面を中火で焼きます。
ブランデー大匙1位を加えて蓋をして火を止め10分置きます。

レバーとバター60g、バジル、胡椒をフードプロセッサーに入れて滑らかになるまで混ぜて
塩加減を調節。たったこれだけで出来上がりです。
材料も作り方も簡単ですが、冷蔵庫にあると嬉しくなります。
胡椒はピンクの粒胡椒がお勧めです。
粒胡椒はフードプロセッサーにかけても粉にはならないので存在感と清涼感があります。
クリスマスに使って余っていたらこの機会に是非使ってください。

出来立てのレバーパテを薄く切って焼いたバゲットに乗せて食べると絶品。
ついつい食べ過ぎてしまうので要注意です。

 

2024年5月28日 (火)

大好きなジャム

大好きなジャムがあります。

家族全員好きな味で、ジャムはこの一択でいいとまで思っていました。

ところが2年くらい前からいつも買う輸入食品店に見かけなくなりました。
ストロベリー、ママレード、チェリーはあるのですが、
お気に入りのラズベリーだけ姿を消してしまったのです。
お店の方に聞くと入荷の予定はないとのこと。
他のお店、カルディーや成城石井、デパート、スーパー、ネットなど
ありとあらゆるところを探しましたが、どこにもありませんでした。
ラズベリー味だけ。

娘が調べたところこのジャムの輸入商社のサイトにもラズベリーだけ消えていたそうです。
何か理由があって(ラズベリーの不作とか戦争とか)日本には輸入されなくなったのだと諦めて
他のメーカーのラズベリージャムを試してみました。
10種類以上は食べてみましたが、どれもあの味とは違います。
美味しくないわけではないのですが、求めていたのは酸味のあるラズベリージャムだったので。
そもそも他のジャムに比べ、ラズベリージャムの種類は少ないですね。

ところが先日東京駅周辺で時間を潰していた時、
「きっとないよね」と軽い気持ちで入った富澤商店で見つけたのです!
もう大興奮!ただ店頭に出ていたのは一つだけだったので、
店員さんに「他にもありますか?」と聞くと「今は在庫がないけどこれからは入ってくる」とのこと。
「長いこと入荷がなかったけれど入ってくるようになったのです」と。
本当に「わーい!わーい!」と言う感じです。
話をする私たちのテンションがおかしいことを店員さんに気づかれたかもしれません。

とにかくジャム迷子から脱出できるようになりそうです。

好みは色々だと思いますが、我が家はこのジャムが大好きです。

Img_3527

 

2024年5月27日 (月)

どうぶつ百景

東京駅で時間を潰さなければならない都合があったので
その時間を利用して東京ステーションギャラリーに行ってきました。

Img_3523 Img_3524

どうぶつ百景という展覧会です。

Img_3522

あまり期待しないで行ったのですが良かったです!

サイトには
「江戸幕府創設からおよそ420年。
 江戸は巨大都市として発展し、京都、大坂に並ぶ三都のひとつとなりました。
 大都市江戸・東京に暮らした人々は、どのように動物とかかわってきたのでしょうか。
 それを物語る美術品や工芸品など約240件を、江戸東京博物館のコレクションから選りすぐって紹介します。

 本展は、2022年にパリ日本文化会館(フランス)で好評を博した
 「いきもの:江戸東京 動物たちとの暮らし」展を拡充した凱旋帰国展です。
 画巻、錦絵、装飾品、郷土玩具などに登場する動物たちの多様な姿をお楽しみください。」

とありましたが、展示物の数が多く、種類もバラエティーに富んでいました。

特に嬉しかったのは動物柄の着物が見られたことです。
昔の着物の刺繍は素敵で見飽きませんね。

うさぎを飼っていた私たちにとって、昔のうさぎの描かれ方がヒールなのは
いつもツボです。
目つきが悪くていつも悪役。農作物を食い散らかす悪者のポジションなのがウケてしまいます。

東京ステーションギャラリー自体が重要文化財なので、内壁の煉瓦や照明も素敵でした。


今回もう一つ驚いたのが、香害に悩まされなかったことです。

10年以上前、長女が中学、高校、大学の時、よく2人で美術館に行っていました。
その時に困ったのが、来館者の香水の匂いです。
年齢の高いご婦人が多くいるせいか気分が悪くなるような匂いの洪水でした。

それが今回全く感じなかったのです。
開館前に並んだので、特に熱心な方が多かったせいでしょうか?
上野ではなかったからでしょうか?

東京ステーションギャラリーのスタッフの方は少し大きな声で話す来館者には直ぐに注意してくださるので
マナーが徹底しているのでしょうか?

なにしろ香害に悩まされない美術館での鑑賞はストレスなく最高でした。

2024年5月26日 (日)

趣味は献血

ポットキャストがきっかけで2022年4月から献血に行くようになりました。
それから定期的に年に2回400mi献血をしています。

今回で6回目。もう趣味と言ってもいいくらいですね。
健康に気をつけて、年齢が許す限り続けたいと思います。

今回は不思議な物をいただきました。

Img_3359 Img_3362

レトルトのカレー!
なぜゴリラマークなのでしょう?

それと

Img_3360

綿棒。

献血すると血液検査の結果が後日送られてきて(登録しておくと翌日メールで)
自分自身の健康管理にもなります。
実は今回前回よりコレステロール値が上がっていました。
次回は2ヶ月後に間隔が短い成分献血をしてみたいと思っています。
それまでにコレステロール値を下げる努力をしなければ。

2024年5月25日 (土)

実家の草むしり

来週から梅雨に入りそうなので、慌てて実家の草むしりに行ってきました。

涼しいうちに終わらせたかったので、朝5時に起きて6時前に家を出るというスケジュール。
今回は長男と2人でしたが、男の子はメイクする必要もないので
とってもスムーズにことが運びますね。

車で1時間弱の実家へ向かい7時から12時まで頑張りました。
難敵はドクダミです。
根が深くスッキリ取り切ることができません。
庭の大部分を埋め尽くされた状態だったので、5時間かけても3分の2くらいしか
綺麗にすることはできませんでした。
残り3分の1は来週中に時間を見つけてやり終えなければ!

でも、草むしり意外と好きです。
緑の匂いに囲まれてリフレッシュしますし、結果が目に見えるので達成感、爽快感があります。
ドクダミの匂いも嫌いではありませんし。
まして今日は曇りで風も涼しく絶好の草むしり日和でした。

2024年5月24日 (金)

フィナンシェ

冷凍庫に卵の白身が溜まってくると消費の意味も込めてフィナンシェを焼きます。

40年近く前、お料理教室で習った時はフリアンと言う名前でしたが
今はフィナンシェの方が一般的なようですね。

当時お料理教室で購入した長方形の金の延棒型の型をずっと使っていましたが、
焼き上がったフィナンシェをこの型から外す作業がなかなか大変で
どうにかならないかなと思っていたところ、シリコンの型を見つけて
乗り換えました。

シェル型で本来はマドレーヌを焼くのですが、型にフィナンシェのレシピも付いていました。
このレシピで作ると型にピッタリの量ができて便利です。

Img_3373 Img_3372 Img_1990 Img_1988_20240524103301

家族人数が多いので型を2つ使って一度に18個焼きます。
マドレーヌよりフィナンシェの方が評判が良いですが
アーモンドパウダーがたっぷり入ったリッチな材料なので当然と言えば当然ですね。

アーモンドパウダーはよく使うのでネットで大量購入し、冷凍庫で保管しています。
いつものパウンドケーキもアーモンドパウダーを少量入れるだけでずっと美味しくなりますから。

シリコン製の型はオイルを塗らなくても綺麗に外れるのでとても便利ですが、
反面、型が柔らかいため生地を入れたら型を持つことができません。
天板に型を置きそこにフィナンシェの生地を入れます。

2024年5月17日 (金)

シナモンロール

遅ればせながら「かもめ食堂」を観て、シナモンロール作りにはまっています。
今までも割とよく作っていましたが、生地を丸めた後輪切りにして焼くスタイルだったので
三角にカットした生地を起こして真ん中を潰す「つぶれた耳」型は新鮮でした。

シナモン好きの家族には好評です。カルダモンが入ると本格的な感じがしますね。

 

 

Img_3487

ホームベーカリーが壊れてしまったので「捏ね」はフードプロセッサーと手で。
強力粉と薄力粉を合わせて300gくらいの量だと食べ切るのに丁度良いですし
作りやすいです。
最近では「また作ったの!」と呆れられていますが。

« 2023年9月 | トップページ | 2024年6月 »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30