« ベランダの水やり | トップページ | Romi »

2023年7月19日 (水)

帯状疱疹ワクチンを接種

帯状疱疹ワクチンをかかりつけの皮膚科で接種してきました。

先月、首にできた虫刺されの痕を帯状疱疹と勘違いして受診したところ
そうでないことがわかり、7月からワクチンの補助があることを聞いたので、早速。

昨年の5月にも帯状疱疹のワクチンは打っていますが、その時は生ワクチン
(乾燥弱毒性水痘ワクチン)を選択しました。
今回は不活化ワクチン、シングリックスです。

前回生ワクチンにした理由は、接種が1回で済むこと、副反応の発生頻度が非常に低いこと、
お値段がずっと安いことでした。
確か自費で6,600円。不活化ワクチンだと医療機関にもよりますが1回22,000円、
2回接種なので44,000円になります。

でも今回は1回11,000円の助成金もあるので不活化ワクチンに。

医師の方がやっているポッドキャストを聞くのが好きなのですが、
不活化ワクチン(シングリックス)がとてもよく効くと聞いていたので、
打ちたいと思っていたところでした。
いただいた説明文にも「発症予防効果は、50歳以上で97.2%、70歳以上で89.8%」とあります。

夫が20代の頃罹患した姿を見ていますし、今でも時々痛むと言っているので
絶対にかかりたくない!と思っていました。

不活化ワクチンは副反応の発生頻度が高いと聞いていましたが、
私の場合、接種した箇所が痛む程度です。いつも副反応が出ないタイプではありますが。

帯状疱疹の発症は加齢が関係していて日本人では50代から発症率が高くなり
80歳までに約3人に1人がなると言われているそうです。

 

予防できることは予防したいのでワクチン接種に積極的です。
コロナワクチンの5回目接種も、9月からと言わずに前倒しして欲しいのですが。

« ベランダの水やり | トップページ | Romi »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31