« アルコールアレルギー | トップページ | アルコールアレルギーの献血 »

2023年6月19日 (月)

勉強スタイル

数年前長女が「何も資格を持っていないから何か資格を取りたい」と言い出して
秘書検定を受けることになりました。

小さい頃から「絵」しかやってこなかったので、英検、漢検も受験したことがなく
自動車免許も持っていません。
自転車で事故に遭ったことがあるので、運転は向いていないと思っているようです。

それで秘書検定を受けることにしたのですが、一人で受験するのはつまらないので
大学生だった長男に「検定代を出してあげるから一緒に受けよう」と誘いました。

ですが会社員で忙しく、通勤電車とお昼休みに参考書を読むことしかできず、
試験前3日間、私と二人で勉強することに。
問題を解いて間違ったところは解説を読むのですが、
読んでも納得できないところを私が更に解説するという形です。
出産前まで秘書をしていたので、なぜその答えになるのかを説明するのは得意でした。

このスタイル、長女が中高の試験前と同じです。
試験前は勉強に付き合って本当に眠かったことを思い出しました。
ただ、これをやったのは長女だけで、
長男、次女は本人たちが希望がしなかったのでやりませんでした。

秘書検定の結果は長女が合格。
過去問をやって楽勝!と言っていた長男が不合格でした。
長男はそういうところが多々あります。大学生で時間もあったはずなのに。


先日次女も秘書検定を受けました。
参考書を読んでも過去問をやっても全然受かる気がしない、と言うので
初めて質問に答えて解説する長女スタイルの勉強法を5日ほどやってみました。

この方法、とても楽しいです。
二人で笑いながらやるのですが、子ども(成人ですが)の理解度と成長を
ダイレクトに感じることができるのも嬉しいですし。

合否はまだ分かりませんが、
「直前に二人でやったところが試験に出た!」
「この調子で準1級も受けちゃおうかな」と言っているので勉強自体が楽しかったようです。

 

« アルコールアレルギー | トップページ | アルコールアレルギーの献血 »

子どもとの関わり」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31