« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

『小林カツ代と栗原はるみ』料理研究家とその時代

Amazonで他のモノを探していたら、この本が引っかかったので、
購入して読んでみました。

Cimg5158
                           『小林カツ代と栗原はるみ』(阿古真理著)

小林カツ代さんも栗原はるみさんも私にとってはとても影響を受けた料理研究家です。

今から27年くらい前、結婚したばかりの頃、とても役に立ったのは
小林カツ代さんと土井勝先生のお料理本でした。
小林さんのアイデアはどれも斬新で、お弁当用の鶏そぼろの作り方など
今も「カツ代流」で作っています。
クリスチャンで自宅の側にお引越してこられたこともあり、
勝手に親近感を感じていました。

栗原はるみさんは長い間独自のレシピを作り続け、
今もご自分の名前のついた料理雑誌を定期的に出し続けているのは、
ホントにすごい方だな~と思います。
ご夫婦が仲よさそうなところもすてき。
(この本によると料理研究家の離婚率はとても高いそうです。)

本の内容は比較的堅く、卒業論文的な感じでしたが、
お料理好き、料理研究科好きには読みやすく、「あるある!」がたくさん。
勉強になり、楽しめました。

今年からStudio HAGA でビギナーズクッキングのお教室をさせていただいていますが、
どのような内容、献立を提案すればよいのかは、
常に頭を悩ませるところ。
個人宅で直接お料理コーチングをするのとはまるで違います。

少しでもヒントになればと思い読んでみましたが、
収穫はたくさんあったと感じています。

2015年6月17日 (水)

リフォームその後

約2ヶ月前、自宅プチリフォームのため、
モノを整理をしながら移動しているとお話しました。

我が家は築33年の古いマンションで、
今回のリフォームも昨年の大雪の時、雨漏りしたのが原因です。

リフォーム箇所はLDKと子ども部屋の壁紙張替え。
ついでにトイレも交換してしまいましょう~くらいの小規模リフォームだったので、
リフォーム業者は、自宅から近いこと、大き過ぎず小さ過ぎない規模の会社、
という感じで選定しました。

契約が決まってから何の連絡も無く、工事開始前夜に
「明日からよろしくお願いします」と電話があっただけだったので
?と思いましたが、翌日から工事が開始されました。

工事が始まってからは、段取りが決まっていなかったり、
下請け業者さんが必要な人数確保できていなかったり、
工期や時間が守られなかったり、驚きの5日間!

4日目に子ども部屋がまだ雨漏りしているかもしれないことがわかり、
壁紙を剥がした状態で中断し、確認してから、
今月初めに再開、6月6日にやっと終了した次第です。

第2期工事でも養生が足りず担当者が買いに行くまで待っていたり!
電気工事を間違えやり直したり、
「何でまた?」ということが続きましたよ。

たとえ小規模であっても、リフォーム業者選びは大切だと痛感しました。

2ヶ月近く宙ぶらりん状態だったリフォームがやっと終了し、
洗面所の壁紙に合わせ洗濯バスケットを新調しました。

Cimg5207
バスマット、お掃除道具も色を揃えています。

Cimg5208
写真は暗いのですが、ホンモノはきれいな黄緑です。
小物の色をそろえると、気分上がりますよね。

2015年6月16日 (火)

新年度が始まりました

新年度が始まり2ヵ月半、新しい生活スタイルにもやっと慣れてきました。

4月から我が家の子ども?たちは社会人2年目、大学生、高校生に。

大学生の長男は夜遅くまで授業があるので、お昼のお弁当の他
夕食分のおにぎりを2個持って、朝6時40分には家を出ます。
帰りは11時近く。
保冷剤は入れていますが、これからは心配です。
もちろん学食はありますが、混雑が苦手。
時間もないのでお弁当2食持ちです。

最近は少し慣れてきたので、時間に余裕のある週1回だけ
お昼を学食で食べるようになりました。

社会人2年目の長女も相変わらずお弁当持ちなので、
今年も主人、次女も合わせて4つのお弁当作りは継続です。

4月から大きく変わったところは次女と過ごす時間です。

主人、長男、長女の帰宅時間が遅いので、次女と2人の時間が増えました。
広くはない家ですが、2人だけだと話が弾み、
進路や友人関係、色んな話をしています。

母親業、もう暫くは続きそうです。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30