« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月

2014年8月27日 (水)

もうすぐ新米!

夏が終わりを見せ、実りの秋間近です。

実りの秋で一番の楽しみといったら、やはりお米、新米ですね。

我が家では、義父と実家の父が米どころ新潟出身ということもあり、
新米の季節には、色々な方からお米をいただきます。
子ども3人の5人家族ということもあるのでしょうが。

夏休み前に気がついたのですが、
今年(昨年の新米の時期から今年の9月初めまで)は、
なんと!いただいたお米だけで1年越せそうです。

一度に20kg~30kgいただくことが何度かあり、
これを食べきったらお米を注文しようと思う頃、
「お米送ったよ」の連絡があったりして、
今も10kg少し残っているので、新米の季節までは充分です。
本当にありがたい!

今は糖質制限の必要性が色々なところで言われ、
炭水化物、特にお米を控えている方が多いですよね。
私自身も年齢的にも体型的にも、控えなければならないゾーンですが、
お米は大好きなので、なかなか減らすことができません。

お米がおいしい季節は白いご飯だけでも充分おいしいのですが、
混ぜご飯、炊き込みご飯も本当においしいですよね。

秋になったらまず、牡蠣としめじの炊き込みご飯をたのしみたいな~
実ざんしょうと浅葱をたっぷり入れたちちょっと大人の味に
と、考えています。

2014年8月26日 (火)

大活躍!八方だし

この夏、お昼ご飯の麺料理などに大活躍だった八方だし。
使い切ってしまい、子どもからのリクエストもあったので、
急いで作りました。

我が家のレシピは、

しょう油3カップ
みりん1.5カップ
料理酒0.5カップ
かつお節2カップ
干し椎茸4枚
昆布15cm
をお鍋に入れ、一煮立ちさせ一晩置いてから濾し、
使い切った後、洗っていないおしょう油や料理酒、
みりんのボトルに入れ保存します。
(洗っていないボトルというのが保存時のポイントです)

麺つゆとして、出汁の利いた煮物、炒め物の隠し味など、
利用範囲は多岐に亘ります。
八方出汁があると、麺料理作りが面倒でなくなりますよ。

Cimg0024

出汁をとった後のかつお節や干し椎茸はふりかけにリメイクします。

お気に入りの調味料

我が家はカレー粉を普通の調味料感覚で使っています。

使用量は自然と多くなるので、ビンで購入。

Cimg0021_2
ビンの中には黒文字を入れています。

Cimg0023_2
調味料なので一度に使う量は少しです。

黒文字だと丁度いい量が取り出せます。

Cimg0023_3





2014年8月21日 (木)

お気に入りの塩

今日本では色々なお塩が手に入りますよね。
沖縄のお塩やアルプス、ヒマラヤの岩塩など、日本中、世界中のお塩が。

私も色々試してみましたが、今はどこのスーパーでも買える
塩事業センターの国産塩(長崎県のお塩だそうです)を使っています。

Imgp0817
お弁当作りは毎日なので、おにぎりもよく作るのですが、
その時湿らせた私の手に、一番よく馴染んだのがこのお塩でした。

伯方の塩を始めとする粒の大きな粗塩は、
手と塩とお米のバランスが良くないように感じ、好きになれません。

粒が細かい焼き塩系のお塩は、炒め物に振り掛けるのには重宝なのですが
おにぎりにはしっくりいきませんでした。
というわけで、キッチンのお塩はいつの間にかこれに落着くことに。

高価なお塩がたくさん売られている中、1kg100円位のこのお塩は
野菜の塩茹でや塩もみなど、躊躇無く使うことができ、
大きすぎずサラサラすぎない粒の大きさは、
おにぎりを結ぶのにぴったりだと思います。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30