« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月23日 (金)

持ち数調べ

来週の「合理的なキッチン収納」セミナーを控え
我が家の調理器具の持ち数調べをしてみました。

Cimg3972

焼くための物は、フライパン(24cm)(20cm)が2つ、
グリルパンが1つ、IH用玉子焼き器、銅製の玉子焼き器。

Cimg3975

お鍋はル・クルーゼ、圧力鍋、炊飯に使っている18㎝の鍋、
クリステルの16cm、18cm、20cmの鍋とミルクパンの合計7つと
それぞれの蓋。

これで家族5人の3食を作っています。

銅製の玉子焼き器はそれほど頻繁には使いませんが
これ以外は、コンスタントに登場するレギュラー陣です。
カラーも何となく揃えているんですよ。
(ル・クルーゼの緑は挿し色です)

Cimg3969

全部合わせるとこんな感じです。

フライパンやお鍋の数も、洋服同様、時々数を数えてみるといいですよ。
そうすると見えていなかった物やことが、わかることがあります。

 

2014年5月17日 (土)

毎朝の習慣

Cimg3957
フルーツアレルギーの長女がパイナップルだけは食べられることがわかり、
最近、朝食のフルーツにパイナップルが登場することが多くなりました。

でも、5人分なので、量が多くて大変。
大体一度に2個購入します。

今は青いパイナップルですが、2~3日すると食べ頃になります。

2014年5月16日 (金)

新しい調理器具

Cimg3955
最近この2つを手に入れました。

赤いのはゆで卵を粗く潰したり、煮汁たっぷりの煮物から具だけ取り出したり、
お味噌を溶いたり、使い道はいろいろ。
中々の便利グッズです。

白のPCドレッジは切った食材を移動するのに使います。
まな板で切ったみじん切りの野菜を
まな板ごと移動すると重いですし、
余分な水分まで鍋やフライパンに入れてしまうことになりますよね。
でも、これがあれば大丈夫。
余分な水分を入れてしまう心配がありません。

私は210円で買いましたが、100円ショップにもありそうですね。

ぎっくり腰になり、最初の痛みを10とすると、
5日目ぐらいから徐々に痛みが引き
7日目くらいには5位の痛みになりましたが、
その後はよくならず、ずっと5の痛みのままでした。

ところが、昨日から随分よくなり、残り2位のところまで回復しました。
もう日常生活にはほぼ困りません。

気分がよくなって、昨晩
「何か甘い物食べたい」という試験勉強中の次女のために、
ケーキを3本焼いてしまいました。

夜の10時から。近所迷惑な話です。

Cimg3956
バナナチョコレートケーキ2本とはちみつコーンミールケーキです。
冷蔵庫にもうケーキにするしかないでしょ、という感じのバナナが3本あったのと
長女がバナナケーキにはチョコレートシロップをかけて、
とリクエストしたのでこんな感じになりました。

次女は「バナナケーキはちょっと(イヤ)」というので
いただきものの高級蜂蜜を入れてケーキにしました。

途中まで一緒に作って、種を1本分取り分けるやり方で一気に3本。

今残っているのはこれだけです。
学校のお友だちにも好評だったそうです。

体調が良くなると俄然体を動かしたくなります。
これから2週間ザッとしかしていなかったお風呂の掃除を
(半分は長男がしてくれたいましたが)、
丁寧にじっくりするつもりです。

2014年5月15日 (木)

念願の…

Cimg3953

結婚する前からいずれ手に入れたいと思っていたアラビアの食器。
思い切って買うことにしました。

私が結婚した25年位前、アラビアのこのシリーズは
生産中止で日本では購入できませんでした。

がっかりしましたが、その後買える様になっても
日常使いには高価だし、
子どもが小さいときは、割ってしまうのが心配で
手を出すことができませんでした。

でも、今我が家はほぼ大人ばかり(笑)。

直径21㎝のお皿を探していたのですが、
他にはどうしても見つからず、もうアラビアにしよう!ということに。
やっと手に入れることができました。

今日はさっそく鶏ムネ肉のグリル焼ききのこソースを乗せてみましたが、
思ったとおり素敵でしたよ。

柄は派手ですが、和食にも合いそう。
お料理作りがまた楽しくなりそうです。

2014年5月13日 (火)

キッチンセミナー

2週間後の5月27日(火)、吉祥寺第一ホテル内ワミューズで
「合理的なキッチン収納」のセミナーをさせていただきます。

整理収納アドバイザーとしてだけでなく、
お料理大好きで、長年家族のお食事、お弁当、おやつを作ってきた主婦として
使いやすいキッチン、段取りよく進めるノウハウを余すことなくお伝えしたい!
と、思っています。

つい先日お片づけコーチング+一緒にお片づけに伺ったお客様から
「外出してても、キッチンが片付いてると思うと、
なんか早く帰りたいって思えるんですよね。」とメールをいただきました。
(まだお若いママです。)

その気持ちとってもよくわかります。
家族がいても、一人暮らしだとしても毎日の食生活を支える台所仕事は
片付いた場所で、効率よく、そして楽しくやりたいものですよね。

お片づけに伺うと、キッチンって広ければいいものではないとつくづく感じます。

私自身は一日中キッチンにいて、
お料理やお菓子を次から次へと作っていくのは大好きですが、
他にもやらなければならないこと、やりたいことはたくさんあるので、
段取りよく、短時間で、
家族5人の体と心を満たすようなお食事を作るよう心がけています。
お料理が満たすのはお腹ばかりではありませんよね。

キッチン収納やキッチンに関するお悩み、興味がお有りでしたら、
是非いらしてください。
お申し込みはStudio HAGA のHPからお願いします。
http://www.okataduke.net/schedule

2014年5月12日 (月)

プチDIY

ぎっくり腰中の活動で調理器具を何点か購入しました。

かなり傷んでしまったフライパンを買うことができ、
料理が益々楽しくなりました。
フライパンて家庭料理の要ですよね。

今までフライパンは20cmと24cm、深目の24cmの3つを使っていました。
今回3つとも処分することにし、新たに20cmと24cmを購入し、
しばらくこの2つでやってみようと思います。

元々深型の24cmにはガラス製の蓋がついていたのですが、
これは処分せずに使うことにし、
フライパンの柄に合わせて蓋のつまみは木製だったので
つまみだけリニューアルしてみました。

Cimg3946

Cimg3947

Cimg3948
ちょっとしたDIYですが、フライパンの蓋が新しくなりました。

こういったプチDIY(呼べるかな?)は大好きです。


2014年5月11日 (日)

使いやすい調理器具

ぎっくり腰週間中、唯一立ったままでできる作業
(立った状態が一番楽だったので)
カウンターにPCを置き、ネット通販で調理器具を物色していました。

実は1週間ほど前、圧力鍋を火にかけタイマーをセットして
キッチンから離れたのですが、
隙間から吹き零れ、水分がIHの内側まで浸透してしまい
壊してしまうという大失態をやらかしてしまったのです。

朝起きて、IHの調理台がエラーを点滅していたので
「とうとう寿命が来てしまった」と思ったのですが(使い始めて8年なので)、
メーカーに電話して修理に来てくださった方が
「吹き零れが原因で、まだ持ちますよ。
  吹き零れはどうしても防げないので、隙間にシリコンテープを埋め込んで
  防御する方法もありますよ」と、教えてくれました。

朝お電話したら、お客様窓口の方は最初
「明日でしたら伺えます」と、言ってらしたのですが、
「でも、IHが動かないとお困りですよね。少し待ってください。
今日伺えるかもう一度手配してみますので」と。

30分後には「今日の12~14時の間に伺えるそうです」と、連絡をくれました。
12時半には修理の方が来てくださり、
修理は時間がかかると思い込んでいた主人もびっくり。
お蔭で夕食はちゃんと作ることができました。

炊飯器もトースターも湯沸しポットもない我が家では、
クッキングヒーターが故障すると全くのお手上げです。
電子レンジでお湯を沸かすのって何て時間がかかるのでしょう。

そういうわけで、吹き零れの原因になった圧力鍋のゴムパッキンを交換しました。
取扱説明書には2~3年で交換をと書いてあったのに、
これも7~8年替えずにいた私の責任です。
高い授業料を払うことになってしまいました。

パッキンを替えた圧力鍋は快適です。
その日の夜は中華おこわ作りましたし、お汁粉や金時豆の甘煮、
蒸しじゃが芋、シチューやカレー…
使いやすくなったので、毎日使っています。

もちろんシリコンテープも一緒に購入しましたよ。

2014年5月 9日 (金)

子どもたちの卒業

私が今回ぎっくり腰になったのは、
直前に伺ったお片づけのお仕事が原因ではありません。

今年、我が家では3人の子どもたちがそれぞれの学校を卒業するので、
年の初めから大忙しでした。

特に次女の学校では卒業の委員をしていたので、
2月頃からは毎週土曜日の午後は学校のカフェテリアに集合し、
他のお母様と打ち合わせと作業(笑)。

でも、とっても楽しかったです。
母たちが集まると、どうも食べることに走る傾向があり、
おやつ持ち寄り(私も毎週手作りケーキを持参しました)、
卒業を祝う会のお食事の試食、スイーツの試食…(笑)。

お仕事でも大きなお引越が3月後半にあり、本当に忙しい日々でした。
お仕事が忙しいのはうれしい悲鳴ですが、
子どもたちとの関わりが時間的にも、体力的にも本当に大変。

長女は大学卒業なので、まず卒業式の衣裳(!)を決めなければなりません。
卒業式に関しては、着物にするというのは決まっていたのですが、
では、振袖にするか袴にするか、
振袖だったらどの振袖にするか(我が家には私の着た振袖と
私の妹が着た振袖があり、長女は成人式に妹の振袖を着ました)、
袴であれば、上は色無地にするか、矢絣を含めた小紋にするか、
又はちょっと派手だけど振袖を着て袴にするかなどなど
選択肢があり過ぎて中々決まりません。
そうこうする内に、タイムリミットが迫ってきて焦る!焦る!(私だけが)

この間に卒業式後の謝恩会の服を何にするか、
入社予定の会社でビデオ撮影をすることになり、
そのための(カジュアルな)服装選び、
それら全ての相談に乗り、買い物に付き合い買ってあげる。

この一連の作業が入社してからのオフィスカジュアル購入まで
3ヶ月続き、体が悲鳴を上げたのです。

その結果のぎっくり腰で、お仕事が原因ではないのです。

いつもながら甘い親で、主人も呆れています。
(主人もかなりお買い物に付き合いましたが)

そのため、吉祥寺周辺の婦人服を取り扱うお店にとても詳しくなりましたよ。
どんな感じの服を置いているのか、対象年齢、お値段、閉店時間まで。

取り合えず、夏までの衣類購入は落ち着きをみせましたが、
来週はオフィスバック購入に付き合わなければなりません。

既にお給料をいただいているので、
自分でお金を出してくれることを祈っています。

2014年5月 8日 (木)

ぎっくり腰

先週、お片づけのお仕事の後、
ホットヨガで汗を流していたら、
腰に違和感を感じました。

まだ、痛みというほどではなかったのですが、
今までの腰痛と違いどこかが痛いのではなく、
腰全体を重いもので押されているような感じです。
ヨガを中断し、直ぐに帰宅したのですが、痛みは増すばかり。

夕食が作れる感じではなかったので、
家族にラインで許可を取り、何年かぶりにピザを取りました。
それでも、この時はまだ
「ぎっくり腰っていう感じじゃないから大丈夫」と話していました。

次の日もお弁当作りのため5時に起きて、
いつも通りお弁当や朝食作りをしていましたが、
床から50cm位のところにある、かごに手がかけられないことに気づき
「これはやはりぎっくり腰かも…」ということに。

それでも、その時は「朝一でマッサージに行くから大丈夫」と言っていたのですが、
その後、マッサージどころか、
椅子に座ることも横になることもできなくなってしまったのです。

今回の人生初ぎっくり腰で一番困ったのが、
起き上がるのに30分以上かかること。
そして、一度椅子に腰掛けてたら立ち上がれないことでした。
できるだけ痛まない場所を模索しながら、どうにか立ち上がろうとするのですが、
どこかにつかまったとしても痛みで力が入らないものなのですね。

どうにか耐えられるのが立ったままの姿勢なので、
ノートパソコンを開いてネットで今まで選ぶ時間がなくて買えなかった
フライパンやトング、圧力鍋のゴムパッキンなどの調理器具を探したり
立ったままできるお鍋磨きをしていました(これは主人に止められましたが)。

一週間経ち今はほぼよくなりましたが、
ぎっくり腰の間もお弁当作りは3日間ほどありました。
起き上がるのに30分かかっても
常備菜+1~2品簡単なおかずを作ることで乗り切ることができ、
改めて常備菜があるって便利と感じました。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30