« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

豆腐白玉と黒ごまプリン

今日のおやつは豆腐白玉と黒ごまプリンでした。

豆腐白玉はお月見の残りのだんご粉を使い、

Cimg2920
お豆腐は絹豆腐です。

Cimg2921
小豆ときなこをかけて!

水の代わりに豆腐を使うと、次の日も白玉が堅くならずおいしく食べられますよ。
お豆腐の栄養価もプラスでき、いいことずくめです。

白玉団子を作るとき、普通は白玉粉を使いますよね。
でも、白玉粉だけだと口当たりがよすぎて、
子どものおやつにはあまり向かないような気がします。

だんご粉と白玉粉を半分ずつにして、絹豆腐で混ぜると
適度に噛み応えもあり丁度いい感じです。

今日の黒ごまプリンはゼラチンではなくアガーで作りました。
黒ごまペーストは近くのスーパーにあったソントンです。

Cimg2810

Cimg2922

Cimg2919

試食してみましたが、黒ごまプリンにはゼラチンの方が合うようです。
アガーはさっぱりしすぎかな?
ソントンの黒ごまペーストは悪くはないのですが、
濃厚さに欠けるところがあるので、量を多めに入れた方がよさそうです。

2013年9月26日 (木)

家庭料理の基本

家庭で料理を作るとき、基本となるのは
「茹でる」と「千切り」だと、私は思います。

どんな食材でも茹でてあれば
そのまま食べることもできますし、展開も簡単です。
以前にもご紹介しましたが、6種類の食材を一度に茹でてしまうと
下処理がいっぺんにでき、とても便利です。

もう一つ大事だと思うのは「千切り」。
野菜を千切りすると、いろいろなお料理に
あっという間に変化します。
特に人参の千切りは万能選手だと思います。

私はもともと千切りが苦手でしたが、
子どもたちの幼稚園や小学校の給食作りをしていくうちに
段々と慣れるようになりました。
今はわかりませんが、
当時は人参の千切りは機械を使わない「手切り」で
275人分千切りにしました。
もちろん一人で切るのではありませんが。

人参を千切りするとなんだか気持ちが落ち着きます。
千切りした人参は、きんぴらやひじき煮、切り干し大根の煮物、
卯の花などの和食だけでなく、
ジュリアンスープ、サラダのトッピングなどの洋食にも。

私は人参の千切りとレーズン、胡桃を甘酢で和えるサラダが大好きです。
千草和えなどの和え物にも、鮮やかなオレンジ色の人参は必須ですよね。

Cimg2915
Cimg2916
今日はごぼうとこんにゃくを加え、きんぴらにしました(途中の画像です)。

千切りは今も得意ではありませんが、好きな作業です。
集中力が必要だからかもしれません。

2013年9月23日 (月)

パウンドケーキ

パウンドケーキは材料がそれぞれ1ポンドだから
パウンドケーキと呼ぶと聞いたことがありますが、
本当でしょうか?

日本で出回っているパウンドケーキのレシピは
バター100g、砂糖100g、薄力粉100g、卵2このことが多いですよね。

昨日、次女のお友だちが部活最後の日でした。
学園祭の発表で部活を引退し、受験勉強に入るのです。
次女の学校は中高一貫校なので、ほとんどの人が高校へ上がりますが、
進路を変える人、より競技に専念する人は外へ出ます。
高校へ行かず、通信に切り替える人もいるとか。
2020年、東京でのオリンピックが決まり、そういう人が全国で増えるのでしょうか。

お友だちに今まで頑張ったねのケーキを渡したいから焼いて!と頼まれ、
久々に正統派のパウンドケーキ(レーズン・くるみ入り)を焼きました。
3本焼いたので、2本は我が家のおやつになります。

それを食べた家族が「普通においしいけど、バターが多すぎ」というので
ああちゃんと味の違いがわかるのね、と思いました。

いつも作っているパウンドケーキはいわゆるパウンドケーキではありません。
週に2回はおやつとしてケーキを焼くので、
作りやすくてカロリーが高くなく、材料費が高くないということに
重点を置いています。
つまり「ケーキ」というより「おやつ」です。

バターではなくマーガリンを使いサラダオイルも足します。
マーガリンはバターより安価ですし、
ハンドミキサーではなく泡立て器で
滑らかなクリーム状にすることができます。
それにカロリーも抑えられますよね。
1単位作るときは、
マーガリン60gにサラダオイル20gを加え滑らかなクリーム状にし
さらにお砂糖70gを加え、滑らかにします。
そこへほぐした卵2こ分を少しずつ加え、
薄力粉120gとベーキングパウダー小さじ1をふるい入れ、
180度に熱したオーブンで35分焼きます。
いつも、薄力粉を入れる前に身近にある何かを入れます。
いちょう切りにしたりんごとか、サイコロ状に切って蒸したさつま芋やかぼちゃ、
バナナやプルーンとか。

これをパウンドケーキと呼んでよいのかわかりませんが、
子どものおやつとして、20年位作り続けています。

2013年9月22日 (日)

黒ごま豆乳プリン

リクエストをいただいたので、黒ごま豆乳プリンのレシピをご紹介します。
プリンといっても卵は使いません。

黒ごま豆乳プリン

材料) 粉ゼラチン…10g
     豆乳…500cc
     砂糖…大さじ4
     黒ごまペースト…大さじ2

作り方)
1 デジタル量りの上に、水100ccを入れたボールを置き、
 粉ゼラチンを10gになるように振り入れ、ゼラチンをふやかす。
2 お鍋に200ccの豆乳を入れ80℃位になるよう温める。
3 温めた豆乳にお砂糖大さじ4を溶かす。
4 次にふやかしたゼラチン、練りごまを大さじ2を入れ、よく溶かす。
5 新たに豆乳300ccを加え、よく混ぜる。
6 カップに分け、冷蔵庫で冷やし固める。

練りごまが砂糖入りのものであればこの分量でOKですが、
入っていないときはお砂糖を少し足してください。
冷やすと2層になります。

色々試して、くろごまペーストは「パルシステム」のものが
滑らかでおいしいと思うのですが、
宅配が主で店舗は少ないので手に入りにくいと思います。
アオハタでも大丈夫。

黒ごまと豆乳でイソフラボンたっぷりですよ。

2013年9月20日 (金)

テーブルに載せていいもの

先日テレビを観ていたら、100均の手付きプラかごに朝食セットを入れている
整理収納アドバイザーの方が出ていました。

かごにはジャムやマーガリン、ピーナツバターが入れてあります。
それをテーブルに出し、朝食が始まりました。

整理収納アドバイザーは手付きプラかごが大好きですよね。
私もお客様のお宅へ伺うときは、
とりあえず3種類のサイズの手付きかごを持って行きますし、
自宅でもキッチンの吊戸棚に多用しています。

Cimg2888
こんな感じで。
ここでは、ハンドミキサーやプラスチックのゼリーケースを入れていますが
お隣の扉には、タッパーや琺瑯のケースを手付きかごに入れ収納しています。
高いところでもストレスなく取り出すことができ、とっても便利です。

でも、これをテーブルの上に置くことはありません。
やはり、手付きプラかごは裏方さん。
便利だけど、表に出てきてはいけないと思うのです。

朝食セットはテーブルが華やぐ、もしくはテーブルにしっくりくる物を
選びたいと思います。

Studio HAGA のFace book が本日オープン

ご要望が多かったStudio HAGAのFacebookページが、
ようやく本日オープンしました。

ログインはこちらから→
Facebookで、「お片づけコーチング」で検索、
Studio HAGAのファンページに「いいね!」してくださいね。

2013年9月18日 (水)

大量の野菜とフルーツ

昨晩実家の両親が大量の野菜を持って来てくれました。
八ヶ岳の帰りに寄ったそうです。

Imgp0787

Imgp0788
今朝確認してみると、かぼちゃ4つ、さつま芋2本、長芋2本、じゃが芋4袋、
ブロッコリー1つ、ルバーブたくさん、うずら豆2袋、りんご1袋、葡萄3房、
ブルーベリー、桃がありました。

桃は直ぐデザートで食べてしまいましたが、これからが大変です。
とりあえず、今晩はひじき入りコロッケでじゃが芋を1袋分使い、
ブロッコリーは付け合せにしました。

明日はかぼちゃのスープとアップルパイを作る予定で、
ブルーベリーとルバーブも早めにジャムにしなければ。

パンプキンパイとルバーブのパイのリクエストもあります。

長芋は麦ご飯を炊いて、とろろご飯で食べようかな、と思います。
さつま芋は大学芋かな…。

実りの秋は何かと忙しいです。

肌着の衣替え

今日は日差しが強いですが、もう秋の風。
そろそろ、少しずつ衣替えする季節ですね。

ということで、先ほど長男の肌着の衣替えをしました。

Imgp0781
この紙箱は長男の27.5㎝の靴が入っていた空箱です。
無印のかごにピッタリです。
肌着を立てて収納することができます。

Imgp0785
夏場、たくさん汗を吸ってくれた肌着は、
ひと夏越えるとさすがに痛んできます。特に、男子高校生のは。
痛みを確認し、ほぼ全とっかえですね。

こんな感じで順次家族全員の下着の衣替えをします。

ちなみに、主人と長男のサイズは同じなので、
主人はクールネック、長男はVネックに分けています。

Imgp0783

Imgp0786
洗面所の収納棚はこんな感じで、
上から主人の肌着、主人の下着と靴下、長男の下着セットが
収納してあります。

女性陣は引出しです。

2013年9月17日 (火)

洗濯日和

台風一過、お洗濯日和でしたね。

今日は通常のお洗濯のほか、
長男が学園祭で使った浴衣もお洗濯しました。

実は13日の晩にも、洗ったのですよ。
「汗かいたから~」と、わざわざ持って帰ってきたので。
今時の男子は清潔第一。汗臭い浴衣なんか着られないのですね。

14日遅くに(打ち上げがあったので)持って帰ってきた浴衣ですが、
干す場所を考えて、お洗濯は今日になりました。

浴衣は木綿なので洗濯機で。
草履は固く絞った雑巾で、表と裏を拭き
天日に干して仕舞います。

Cimg2907

Cimg2908

次の出番は来年でしょうか。

2013年9月16日 (月)

生活力

ハリウッドでも活躍している有名な俳優さんが、
お料理をしながら、海外で成功する秘訣を
「生活力があること。自分の周りの環境を快適にできること。」と
話していました。

料理に限らず、片付けや掃除、人とコミュニケーションをとる力、
みんな、日々快適に過ごすために必要な力です。

それを、面倒くさいと感じるか感じないかが分かれ目でしょうか。

私はもうとっくに人生の後半戦、というより
自分の力で何でもできる時間は
そんなに長くはないと思います。
そういう意味で人生の3分の2は終わったところかな。

一度きりの人生、毎日を丁寧に気持ちよく過ごして
快適に過ごすための技術と
気持ちの持ち方をお伝えしていきたいな…と思っています。

2013年9月15日 (日)

揚げ油は捨てません

毎日お弁当を作っているので、揚げ物は割りとよくします。
揚げ物専用のお鍋は使わず、クリステルの小さめのお鍋で揚げています。

少な目の油で裏返して揚げるので、油はあまり使いません。

Cimg2902
唐揚げをした後のお鍋。
これを毎回濾して、炒め物に使い切ります。1週間くらいで。

Cimg2903
こんな感じです。ジャムの空き瓶を再利用しています。

ラップは使わない

キッチンにあるラップは22cm幅1本だけですが
めったに使うことはありません。

残ったご飯は専用のタッパーに入れ、冷凍か冷蔵保存。
作り置きの常備菜は、野田琺瑯のストッカーかガラス製の蓋付きケースへ。
スープなど、汁物が余ったときはスタッキングできる陶器のボールに入れ、
冷蔵庫に収納します。

Cimg2905
お皿が蓋になって、スタッキングもできるのでなかなか便利です。

量が少ないときは、スープカップにシリコンの帽子をかぶせたりも。

Cimg2906
これがあると、ラップを使わなくても大丈夫です。

2013年9月14日 (土)

調味料棚

Cimg2901
我が家の調理台上の調味料です。

右奥から昆布、煮干し、片栗粉、お塩、干し椎茸、梅入りゆかり、
コンソメ、八角粉。

昆布と煮干しはおみそ汁のお出汁として毎日使い、
片栗粉は、とろみをつけたり、唐揚げ、竜田揚げに。
お塩は当然毎日使う調味料ですが、
おにぎりにもこのくらいの粗塩がいいです。
梅入りゆかりはお弁当の定番です。
ゆかりだけより、梅入りがお気に入り。

干し椎茸は、いつも近くにないと困る食材です。
筑前煮、ちらし寿司、卯の花、茶碗蒸し、甘煮…
色々なお料理に変化します。

他にこの棚にあるのは、
カレーパウダー、七味、白コショウ(粒)、お醤油、はちみつ、シナモン、
ごま油、砂糖、それからエスニックのMIX粉。

反対側のカウンター下には、料理酒、みりん、薄力粉、強力粉があり、
このラインナップはずっと変わっていません。
これだけあれば、大体のお料理はできますよ。

2013年9月13日 (金)

子どもの文化祭

長男の学校は今日から文化祭。
お友だちとタピオカ入りドリンクのショップをするそうで
昨日の夜は「浴衣の着方を教えて」と、言ってきました。

タピオカ屋さんがなぜ浴衣なのか、
受験生がなぜ学園祭でタピオカ屋なのか、は問わないことにして
早速、浴衣の着方と帯の結び方を伝授しました。

「裾が広がらないように、太もものところをしっかり引っ張って」とか
「男なんだから、帯はもっと下」とか、たっぷり1時間。

今日、行ってみるつもりでいましたが、午前中に完売したとの連絡があり
明日、主人とどんな様子かチェックしに行きます。

長女は大学の学園祭で、ゼミの仲間と手作りのカレンダーを販売するそうで
昨晩は、厚紙に三角の透明フィルムを縫い付ける作業を手伝いました。
ミシンは得意なのですが、厚紙とフィルムの角を合わせて、
50枚分100個を縫い付けるのは、とても疲れました。

長男は、5時半に家を出るとのことで、睡眠時間3時間半。
もう若くないので体に応えました。

来週は次女の学園祭、主人と父母会でするカレー屋さんの
お手伝いをします。

早く子どもたちが独立して、
主人と二人の落ち着いた生活を送るのが夢ですが
実際そうなったら寂しいのかもしれませんね。

2013年9月12日 (木)

探し物

探しているモノがあります。

1つはセラミック加工のお鍋で、透明な蓋付きのモノ。
大手メーカーで販売しているのは知っているのですが、
お鍋は取っ手が取り外しできるものより、
小さくても取っ手が付いている方が、使い勝手が良いと思うので、
アレはダメなのです。

あと、色も重要です。
キッチンの調理器具や道具は赤、挿し色で緑少々と決めているので
できれば赤がいいです。

家には炊飯器がないので、これでご飯を炊く予定。
今はセットで買ったマーブル加工のガラスの蓋つきお鍋を使っていますが
蓋の持ち手も破損しつつあって、お鍋も傷んでいる感じです。
セットのフライパンはとっくに退場しています。
ご飯は蒸らしが足らないと、こびりつくことがあるので、
アルミやステンレス、鋳物のお鍋より、
加工してある方が、洗うときのストレスがありません。
時間があると、ネットで探しているのですが、
これ!というモノがなかなか見つからないのです。

2つめは、化粧ポーチ。
ブライダルで使うような、ビーズのかわいいポーチです。
一生モノのつもりで真剣に探しています。

3つめはお醤油さしです。
我が家の子どもが通っている学校では、
中学2年のとき、野田の醤油工場見学という行事があるのですが、
その時いただいてきたお醤油さしを
せっかくだからと、以前あったお醤油さしを処分して使っていました。
赤いキャップの定番のアレです。
他のキッチン雑貨とテイストが違うのですが、
子どもに思い入れがあるし、やはり、長い間受け継がれた形だけあって
液だれしないので、手放せませんでした。
でも、4年も使ったのでさすがにもういいかな、と思い、
ニューフェイスを探しています。
これも一生モノのつもりで真剣に。

4つめは中学校の卒業記念品です。
来年、次女が中学校卒業で、私は卒業の委員をしています。
他のお母様たち5名と、
記念になり、子どもが喜び、高校生活に役立つモノを探しています。

探すといっても、たくさんのお店に行くのではなく
自宅でPCの前に座って探し、情報を共有できるので
長女のときよりず~っと楽。数の確保に苦労することもありませんし。
これも子どもたちの一生モノなる可能性があるので真剣です。

こう考えると、一度手に入れたら一生側に居続けるモノって案外多いですね。
ひとつひとつ真剣に、でも楽しんで選びたいと思います。

順番

少し前に流行っていた食べる順番ダイエット、今も流行っているでしょうか。

ごはんを食べるとき、サラダや野菜の煮物など
カロリーの低いモノから、順番に食べるというダイエット。

私が子どものころは「まずおみそ汁を一口飲んでからご飯を食べるのよ」と
教わりましたが、最近はそんなことは言わないのかな。

食べる順番に関わらず、順番って大事だと思いませんか。

例えばお料理する順番。
私は、野菜が届くと袋から出し、直ぐ下処理をします。
まずは比較的きれいな野菜から、段々に泥を落として、最後は里芋かな。
里芋は洗ってから少し天日に干します。

野菜の下処理は、理科の実験感覚で楽しいですよ。

お湯を沸かして、キャベツ、れんこん、ブロッコリー、じゃが芋、たまごの順番で
茹でていきます。
我が家は5人ですし、みんなお弁当を持って行くので、これを週2回はします。
茹でキャベツはサラダやスープに便利ですし、
薄くスライスした茹でれんこんとブロッコリー、生たらこを
マヨネーズで和えたサラダは、サンドイッチにはさんでも好評です。
茹でたじゃが芋があると、フレンチフライもあっという間にできますし、
スパニッシュオムレツもアリですよね。

どういう順番でやると、まな板やシンクがきれいなまま使えるかな、とか
この順番で調理すれば、フライパン洗わなくても大丈夫じゃない?と考えながら
お食事作りをすると、ゲームみたいで楽しい。

家一軒お片づけするときも、大事なのは順番です。
これは私のお仕事でもあるのですが、
どういう順番だとお片づけがスムーズに進むかを考えるのは、
本当に楽しい作業です。

2013年9月11日 (水)

失敗!

Cimg2888

ラップ類は22cm幅のクレラップ1本とアルミホイル1本、クッキングシート1本の
合計3本と決めていたのに、今はクッキングシートが3本!
失敗してしまいました。

長年利用していた生協の宅配をやめるとき、
今まで使っていたオーブンペーパーが手に入りにくくなると思い
余分に2本ストックとして買っておきました。
おやつは毎日手作りで、3日を空けず何か焼いているので
直ぐになくなると思っていましたが、50mはなかなかなくなりません。

おまけに実家をお片づけに行くと、
もう使わないと思われるクッキングペーパーがでてきました。
「持っていって」といわれて、持ち帰るとあっという間に3本に!

よく考えれば、クッキーやパンを焼くときは、
ラップの下に収納してある、何度も使えるガラス繊維のクッキングシート使っているし
丸型のケーキ型にもガラス繊維のシートを型どおり切ったモノを使っている。
夏場はプリンやゼリーのひんやりデザートが多いので
紙のシートは思っていたより使っていなかったのです。

お菓子作りグッズが収納してある吊戸棚を開ける度に
「あ~あ」と悔やみ、「なくなったら買う」を徹底しなければ!と反省しています。

外出から戻ると…

外出から戻り、リビングの指定席に鞄を置くと
鞄からハンカチを取り出して、手を洗います。
ハンカチはそのまま洗濯機に入れ、
次に化粧ポーチを取り出してメイクBOXに戻し、
お買い物したモノをそれぞれの指定席へ移動します。

コーヒーは飲み物関係が入っているかごへ。
干ししいたけは乾物用のBOX。
詰替え用のシャンプーは洗面台の下。
子どもから頼まれた単語帳は、机の上、という感じです。

外出から戻った後の、私の行動動線はいつも決まっていて、
わずか3~4分ですが、これをやっておくのとおかないのでは
後から作業にかかる時間が全然違います。
小さなことですが、この習慣は大切。

ここ数年、重かったり、嵩張ったりするモノはネットスーパーで購入し、
外出先から、大荷物で帰るということはほとんどありません。

外出=ちょっとしたエクササイズと考えているので、
大きな荷物を抱えていると、運動にならないからです。
これも小さな習慣です。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30