« 料理とわたし | トップページ | 料理とわたし 3 »

2013年4月19日 (金)

料理とわたし 2

家でお留守番をするようになると、
母は手作りのクッキーを、夜に焼いておいてくれることもありましたが
段々とおやつも自分で作るようになりました。

レシピは子ども向けお料理の本だったり、
オーブンに付いている付録のレシピ本だったり。

自然と遠足のおやつは手作りクッキーになり、
お友だちは私が料理ができることを知っていて、
クラスの中で益々「お姉さん」になってしまいました。

小学6年生の時に読んだ翻訳本に影響を受け
日曜日の朝食を担当したこともありました。

本の内容は、両親の不仲による家庭崩壊を、
どうにかしてくい止めたいと思う女の子が、
毎週日曜日の朝食に、家族のためパンケーキを焼く、
というお話だったと思います。

私の両親はとても仲良しだったのですが、
なんとなく「家族のために朝食を用意する」ということに憧れ
毎週違った味のパンケーキをオーブンで焼き、家族を起こす、
ということを長いことしていました。

ずんぶん後の話ですが、
お友だちの結婚式の二次会でお会いした
高校の国語の先生(女性)が
「年賀状に余ったお餅のおいしい食べ方と絵を描いてくれたわよね」と
声をかけてくださいました。
やはりちょっと変わった子だったのかもしれません。
高校の頃は、お節料理も作っていました。

このころから、料理の本も増えてきて、
ジャンルも広がりを見せてきました。

« 料理とわたし | トップページ | 料理とわたし 3 »

家事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理とわたし 2:

« 料理とわたし | トップページ | 料理とわたし 3 »

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30