« リネンの布巾 | トップページ | 土曜日の昼ごはん »

2013年3月 8日 (金)

春の味

今日、お片づけに伺ったお宅の側に、
収穫したばかりの野菜を売っている農家がありました。

ほうれん草や小松菜、大根、ずいき、はっさくや銀杏といろいろある中、
ふきのとうを見つけ、早速買って帰りました。

山で採れるような状態のよいものではありませんでしたが
家にあった蓮根、さつま芋、大葉と一緒に天ぷらに。

「天ぷらにすれば、何でもおいしい!」というのが
我が家の合言葉ですが、
ふきのとうの天ぷらは、ほろ苦くて本当においしい春の味でした。

ちなみに、我が家の子どもたちは、大葉の天ぷらが大好物です。

ところで、天ぷらのとき天つゆはどうしていますか?

わたしは、自家製八方だしを使っています。

作り方はとっても簡単で、しょうゆ、みりん、酒に
鰹節と干し椎茸、昆布を入れひと煮たちさせ一晩置き、
漉したものを、洗っていないおしょう油のビンなどに入れ保存します。
お水が入っていないので、常温でも長く持ちますよ。

これを、天つゆだけでなく、お素麺のつゆ、煮物、お浸しなど
何にでも使います。
各調味料の量は試行錯誤して我が家の味を決めました。

つゆを漉した後の鰹節や干し椎茸はフードプロセッサーで細かくした後、
炒りごまを足してふりかけにし、昆布は佃煮にします。

いわゆる「つゆ」はいろいろなものが売っていますよね。
もちろん市販のつゆでも構いませんが、
手作りの八方だしは家族の好きな味にでき、
作っている途中も(家中お蕎麦屋さんのようないいにおいがします)、
作った後も、おまけのふりかけや佃煮も楽しめ、お薦めです。

« リネンの布巾 | トップページ | 土曜日の昼ごはん »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の味:

« リネンの布巾 | トップページ | 土曜日の昼ごはん »

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30